スケソウダラ
最後に粘って本命ゲット!
厳しいちょっと小さくてもこの1匹の価値はかなりデカイ!
何故か伊藤氏だけ良型マゾイを3匹ゲット!
なんで・・・?
鶉橋氏も嬉しい1匹をゲット!
寒い中、5発スケソウを連発した後、コイツが来た!
入れ食いもいいが、苦労して掛ける1匹には毎回面白さを感じる・・・
冬なのでしょうがないのだが・・・寒かったです。
出船時には5、6センチ程の積雪もあり、強風注意報、低温注意報も発令される中、金華山沖へ。

船長判断で私達は出船したが、当日港には私達以外、誰も居ない感じだった。

波がやや高く、いつもより多少時間がかかってポイントへと到着。

ポイントまであれだけ波を被ってきたのに船上の積雪はあまり溶けていない。
いかに寒いかがそれだけでわかる寒い朝だ。

投入準備をしている時点で、手が冷たい・・・というよりビリビリ痛い。

1日通して激タフな自然環境・・・強風で本命場までは行けない中スタート。
釣りだすとスケソウダラが頻繁に掛かり、その分退屈はしなかった。

私でマダラ1匹、スケソウ5匹。
全体では13人でマダラ7匹、スケソウ10数匹、大型のドンコ数匹、マゾイ3匹。

ウネリと風波でだいぶバラシていた方も多く、本命の匹数は伸びなかったが
個人的にはスケソウがメインとはいえ、誘い方でアタリの出方も違った感があり
一度誘いを覚えてからは百発百中でアタリが連発!次回に向けての勉強になり面白かった。

途中収まりかけた風が昼前からまた吹き出し早上がりとなったが、それなりに楽しく釣りが出来た。

これからは、産卵が終わりマダラも荒食いし始める時期。
入門者にも簡単に釣れるシーズンを迎えるので、マダラジギングを始めたい方には
是非ともオススメしたい季節である。
寒波の中、出船
2011 1月下旬 宮城県金華山沖のマダラジギング