斉藤氏も食い渋る中、最後に粘りの1匹
お疲れ様でした!
庄子氏
ナイスなヒラメ!
最高の外道です。
朝イチ
鳥山についていたワラサ
ご覧の通りイワシでお腹はパンパンだった!
息子が粘って最後の最後にブリサイズゲット!
PE1号の鯛タックルだったのでマグロの様なやり取りになってしまった(笑)
この日は東風が強く、沖合いにある久六島には行けませんでした。
能代港から出船した船もおそらく我々だけ。
それでも沖合いで大きな鳥山を発見し追跡する。
そこではワラサとシイラのみ。
ベイトはいいサイズのカタクチイワシだった。
先週はマダイのいい話も聞いていたので期待していたのだが、
これもイマイチで、ますます強まる風の中、沿岸部へと戻った。
そこでヒラメ、イナダ、ワラサ、ブリを数本キャッチして帰港。

風が強いのには苦戦したが、時折秋空が顔を出し1日通して釣りが出来た。
沖には相当数のイワシが居た。
マグロは勿論、ブリワラサ・マダイなどもあのイワシに着いていると思う。
これからも年内は定期的に能代へ釣行していく予定なので様子を見て行きたい。
荒れた天気に苦戦するも・・・
2010 9月中旬 秋田県能代沖