ホッケがまだ多かった。
他、アイナメ、アジ、サバ、カジカ、エゾメバル・・・
水面まで追ってきたトラフグ?も・・・
能代の海は豊かです。
沖メバルは場所によっては入れ食いに!
マゾイ
タイラバとサビキのコラボ仕掛けでクロソイダブル掛け
その後はソイ祭り!
横田氏も連発!
息子もワラサの引きに感激!
斉藤氏もライトタックルで良型ゲット!
トップに出たワラサ
イワシでお腹パンパン!
コンディション抜群の魚ばかりでした。
今年初の能代釣行は、マグロ狙いではなく主にビギナーさんを対象としたライトタックル実釣会。
勿論、マグロが湧いたときへの対処は準備済みである。

が、この日はマグロもマダイも姿を見せてはくれませんでした。
それでも朝一番、ポイント付近に入るとイワシを追った鳥の群れ。
ドキドキしながらキャストを開始すると私のルアーにワラサがヒット!
しかし、その後はキャストする私よりもジギングの方にアタリが連発!

さすがにイワシをパンパンに喰ったワラサは脂の乗りもよく
この時期の魚とは思えない旨さ!
引きも相当に強かった。
4〜6キロサイズを各自数本釣ったところで根回りに移動。
今度はマダイを狙うも、らしきアタリはなく
代わりにマゾイ、クロソイ、沖メバル、エゾメバル、ホッケ
アイナメ、大アジ、カジカ、サバ、先程のワラサと合わせて10目達成!
能代の海の豊かさを改めて実感・・・
ちなみにウチの息子が多分当日の竿頭だったのだが、
ワラサとクロソイだけでも一人で60Lクーラー満タン。
40センチ以上のクロソイだけでも7本釣っていた。
同サイズのクロソイは全体では30本程上がった。

ほぼ皆さんのクーラーが多彩な魚達で埋まった頃に釣り終了。
今回は今季を占う様子見という位置づけでの釣行だったのだが
雰囲気ムンムンの当地に安堵感を持ちながら帰路へと着くことができた。

今年も能代通いが始まります。
10目釣り
2010 6月中旬 秋田県能代沖釣行