全然ライトではない・・・巨大なジグに食いついてきたのはボッケ(ケムシカジカ)でした。
メバルには無い締め込みに・・・
もしかしてマダイ!・・・なわけはなく
アイナメでした。
横田氏もご満悦!
インチクにも刺身サイズ連発!
息子はサビキ&エサで挑戦
ドンコもインチク好き!
コチラはクロソイ
インチクへの反応は抜群!
この日の主役・メバル
これくらいがジギングでのアベレージサイズ
メロウドを追いかけ、ジグにも激しくアタックしてきます。
実はここのところ3連チャンで悪天候・・・釣行は中止。
今回も山形へマダイ狙いの予定でしたがシケで中止に・・・
さすがに釣りが出来なくて体調がおかしくなりそう・・・
予定変更で急遽、仙台湾に行ってきました。

根魚=ワームのイメージですが、僕の場合はジガー。
という訳で、久々にライトジグでの根魚五目。

私のこの日のタックル。
この春立ち上げたプライベートブランド「M.TANNO FACTORY」からリリースの
マダイ用ジギングロッド数本を持ち込みPE0.8〜1号を使用。
ジグは50〜80g、タイラバ、インチク・・・
まさにマダイタックル!マダイが居れば釣れちゃいます!(笑)

まず第一の狙いはメバル。
私はジグ、他の方はインチクや鯛カブラでスタート。
とりあえず何を使っても釣れてきたが、やはりメバルはジグがいいようだ。

同行した息子はサビキでスタート。
時折、沖メバルも混ざっていたが、サビキは入れる度にほぼ満貫。
しかし、型はと言うとやはりジグ、インチク、鯛カブラに分がある。

その後、100mラインを超えてマダラも狙ってみるがコチラは皆無。
昼近くになると猛烈に北西風が強まり湾内へと戻った。
その後は再び漁礁周りでメバルを狙っての五目釣り。
この日ルアーで釣れた魚は黒メバル、沖メバル、クロソイ、アイナメ、ドンコ、ケムシカジカと6種類。
以前からこのようなライトジギングでの根魚ジギングは時々やっていたが
あらためてみるとルアーでの釣り物が少ないこの時期、
仙台湾でこんな釣りを流行らせてもいいのかな・・・と思った。

サビキでメバルを釣ると数は申し分ないが「仙台湾のメバルは小さくて・・・」という人も多い。
ジグの場合、何よりも型が揃うしサビキには敵わないが食いが良ければ数もそこそこ伸ばせるし、
釣りとしての引き味もタックルが細ければ結構楽しめる。
(今回は動画にも納めたので近いうちにそちらも配信する予定。)

正直、今回の釣行においては半信半疑で誘っても乗ってこない方も多かったが
参加者の多くはメバルジギングにハマッた人も・・・
何より今回は船長が興味津々の様子。

黒メバルを釣らせる乗合船はいくらでもでているし、マイボートでやられる方も多い。
是非、数釣りに飽きた方、シーズンインが待ちきれないジガーにもオススメしたい釣りである。

そのかわり、相手はメバル・・・くれぐれもタックルはライトにしてやってください。
タフコンディションでも沖の魚達は元気でした。
2010年 3月中旬 仙台湾根魚ライトジギング