皆さんそれぞれに良型を上げておられました。
最高齢・澤田氏も順調に釣っておられました。
萱場氏
良型アイナメを連発させて絶好調でした。
厳しい条件が重なり心が折れそうな中での1匹はまた格別です!
この日は思ったより北東風が強く、我々が港に着いたときには
底引き漁船が沖から戻ってきていた。
とりあえずナメタ等も狙える本命ポイントまでは行けないとのことだが、
港からほど近い浅場でなら、なんとかやれそうとのこと。
厳しい釣りが予想されたが折角なので出船。

途中からはみぞれに近い冷たい雨も加わり挫折者も続出だったが
14人でアイナメ30〜48センチが65本。
私も途中1時間ほど休憩をとりながらアイナメ9本。
余りの寒さで久々に沖上がりの時間が待ち遠しく感じた・・・

決して条件は良くなかったが、アイナメは産卵後の固体が活発に餌を追い始めた感じである。
これから春に向けて更に良くなってくることでしょう。

これから同地では春告げ魚メバルやアイナメが良い時期を迎える。
皆さんも是非行ってみて下さい。
シケで沖まで走れず・・・
2010 2月上旬 福島沖のアイナメ釣り