鈴木氏も初能代ながら順調にかけていた。
サワラもまだ居ます。
脂が乗って引きも味も今が最高!
荒れる日が多くなりますが、出れれば大釣り期待大です。
初めてブリジギングに挑戦した鎌田氏
粘って納竿間際のゲット!
おめでとうございます!!
五十嵐氏
当日は7本釣って竿頭
久しぶりのジギング満喫の佐藤氏も良型をゲット!
シビアな中でもダブルヒット!
当日は2人とも好調組
和泉氏も朝日を浴びながら快調にゲット!
とりあえず朝の1匹目。
平均してサイズは揃っていたが、喰いはイマイチ。
前回の飛島も暖かで穏やかでしたが、
今回もこの時期には滅多に無いくらい穏やかな一日でした。
こんな日は魚も穏やかだったりします。
当日も例外ではありませんでした。

同地を二日前に訪れたお客さんからブリ爆釣の話を聞かされ
全員大型クーラー持参での乗船でしたが、なかなかのタフコンディション。
魚探に反応はあるもののアタリはかなりシビアでした。
私でブリ・ワラサ6本。
全体で25本。一人当たり0〜7本(最大7.9キロ)
他、サワラ2本、オニカサゴ1匹。

この日は釣れた人と釣れなかった人・・・
残念ながら内容に極端な差が出ました。
運もあるし、初心者でも釣る人は釣るし・・・
決してキャリアの差とは言えないのですが・・・


日頃から色々なパターンを身に着けていれば好釣果に出会う確立も高くなります。
魚が居ないならともかく、居るのに喰わない・・・
そんなシビアな時程、引き出しは多い方が当然良いわけですから。
ところが大概の釣り人は貴重な釣行に冒険が出来ず、ワンパターンになりがちです。
結果、いつも同じタックル、同じアクション・・・
それでもいいんですけど・・・。
個人的には喰いの良い日こそお土産キープor大物キープが出来たら、
普段苦手なジャークに挑戦するなど、何かお題をもっての挑戦をオススメ致します。
きっとそれらの役立つときがあるはずです。

それからいつも平均して釣れない人は道具を使いこなせていない方を多くお見受けします。
自分にあった道具選びも大切です。

まあ、簡単に釣れない日もあるから面白いんですけどね!
やっぱジギング最高ですね!

釣れた魚は全て凄い脂の乗りでした。
まさに寒ブリ!
皆さんも美味しいブリを狙いに日本海へ出かけて見てください!
シビアでしたが、気持ち良い1日でした。
2009 12月上旬 秋田県能代沖