今シーズンでは一番と言っても良いくらいの凪ぎ
期待で胸いっぱいだったのですが・・・
撃沈でした・・・
武内氏も苦労して1匹喰わせました。
今回はこのイナダを食わせるのも難しかった。
一言で言うとそんな感じでした。
天気はまずまずというか、今年日本海で釣った中では一番良かったと思います。
しかしながら魚はなかなか口を使ってくれませんでした。
3、4センチくらいのベイトを追ってイナダが彼方此方でワシャワシャやってました。
時々それらに混じってメジが飛ぶ感じでした。

能代や飛島でも今年よく目にするパターンなのですが、
これが結構難しく・・・
ただの言い訳になっちゃいますが、船や場所が変わると益々分からなくなる。
イナダを釣るならともかく、あの中からマグロを釣るとなると・・・
なかなか確信を持って攻めきれずに終了。

結果、僕はキャスティングでイナダのみ。
他、別船に乗っていた仲間がジギングでヒラメ、ソイ、アイナメ等。

何の釣りでもそうですが特にマグロは・・・
何処の海でもそう・・・
通わないと駄目ですね。
その年によっても違いますし・・・

今回は、ナブラの様に頭ん中がワシャワシャで、整理出来ないうちに釣行終了。
それでも、あんな事こんな事・・・と思いついたこともあったので、
次回また同じような場面に遭遇したときに試してみたいです。

日々勉強です。

タフコンディション
2009 8月中旬 青森県小泊沖