佐藤(勝)氏
最後の最後に当日最大90センチ・8キロゲット!
及川氏も粘って2本!
佐藤(和)氏も2本キャッチ
90センチ・6.8キロ
なんとアカガレイヒット!
カレイと言えどもその口は細かい歯があり大きい。
フィッシュイーター系のカレイなのだ。
タラジギング2回目の宮城氏・88センチ・6.2キロ
ベテランが苦戦する中2本ゲット!
船中1本目は私にヒット!
ここから入れ食いか!?と思いきや1日中喰い渋った。
私は同サイズ3本
2009 2月下旬 宮城県金華山沖でのマダラジギング
今回は産卵明けで爆釣モード突入のマダラを狙って金華山沖へと出かけた。
前日吹いていた強風も収まり朝はまずまずのコンディション。
当日の参加者は12名。
タラジギング初挑戦者2名を含む半数近くがビギナー。
これからの時期は産卵明けで痩せた固体が多いもののマダラは活性が高く
比較的初めての方にも釣り易い季節なので入門するにはもってこいだ!

しかしこの日は潮が動かないからなのか?サッパリ喰いが立たない。
この日第一号は小型ながら私がゲット!
そこから私は同サイズばかり3匹。
その後、釣り3回目タラジギング2回目の宮城氏が88センチ6キロオーバーをキャッチ。
続いて佐藤(和)氏が90センチ6.8キロ、佐藤(勝)氏90センチ8キロと良型連発。
いいかな〜と思いきや後は小型がポロポロで結局船中マダラ10本で終了。
爆釣の期待は大きく外れた・・・(T_T)

珍しいところでは、私のジグに30センチほどのアカガレイが食ってきた。
見た感じミズガレイ(ムシガレイ)に似ていて深海に住んでいるカレイだ。
昔、これを釣りに佐渡沖まで行ったことがある。
この辺りにもいるとは聞いていたが、まさかタラジギング中に釣れるとは・・・
ちなみに一夜干しで美味しく頂かせてもらった。

今回はちょっと低調であったがこれから間違いなく良くなってくると思う。
特にこれからはやや浅いところで狙って行けるので皆さんにも是非トライして欲しいと思います。
潮動かず苦戦