私の2匹目は白子タップリ!
3匹目もオスで久々にキク酢を堪能できました!!
今回は産卵の影響か?多少喰い渋っていましたが
産卵が終わるこれからは爆釣モード突入です!
入門するにはこれからの時期が最適!!

興味のある方のご来店お待ちしております!
佐藤(勝)氏も3匹キャッチ!
白子入りがあったと喜んでました。
前半出遅れた鈴木氏だったが
食い渋った後半に何とか引きずり出した1匹。
ホッとしたって感じですね!
こちらもマダラジギング初挑戦!しかも釣り2回目での快挙!!
サイズ以上に価値ある1匹!
おめでとうございます!!!
白子入り良型に満面の笑み(笑)
マダラジギング初挑戦で2匹キャッチ!
おめでとうございます!!
隣同士でダブルヒット!
朝イチ、私の1匹目は船中最大サイズ
パンパンでお尻から卵がこぼれていた。
昨年秋以降、今年に入ってからも天候に恵まれず、ようやく初釣りをしてきました。
当日は非常にラッキーで、前日・翌日と悪天候の中、この日だけが凪ぎの予報。
気温も暖かく、待ちに待った初釣りは最高の天気でスタートすることとなった。
(天気が良かっただけに放射冷却で朝の冷え込みは厳しく、港の中は海水が凍っていた。)

塩釜から2時間ちょっとの航程でポイントに到着。
水深は200m前後と深い。
参加者13名一斉投入でスタート。
この日はビギナーの方やタラジギング初体験の方も多く朝の段取りから私は大忙し!
ディープジギングだけに手際良くかつ安全に事を進めて行かないと
小さなミスがトラブルを招いたり怪我に至ったりもする。
私は目先の釣果云々よりも実釣中のトラブル回避の方法を覚えて貰うことに力を入れているので
この日も俄然張り切って船上を走り回り、気づくと防寒着も中着も脱いで釣りをしていた。

そして当日の釣果。
全体で1.5〜6キロクラスが17本。
1人あたり0〜3本(ボウズは4名)
ボウズと言っても4名全員が実際1、2匹は掛けており、
残念ながらフックアウトなどによるバラシ。
いつものことだがポイントが深いだけに上げて来る途中外れるケースも多かった。
私は最大サイズの6キロクラスを頭に3本。
ドンコも船中で数本上がったが、流石にジギングで釣れてくるサイズだけあって大物ばかり。

私は3本中1匹がメスで2匹がオス。
どれも卵、白子がタップリ入っていた。
例年だとそろそろ抜けた固体が多く釣れる時期なのだが
明らかにまだ抱卵しているように見えるものが多く
若干、季節がずれているかに思えた。

どうしてもマダラの場合、抱卵している魚(特にオス)の人気が高い。
しかし産卵が終わり活発に餌をとる来月以降は数釣りが出来て釣り物としては面白くなってくる。

マダラジギング入門にはこれからの時期が最高のシーズン。
是非、皆さんも寒さ知らずのこの釣りにトライしてみてはいかがでしょうか!
初釣り
2009 1月中旬 宮城県金華山沖のマダラジギング