ベテラン森本氏は新調した鯛ロッドでヒラマサをキャッチ!
激ウマ!マハタ〜
船長の口からヨダレ垂れてましたっ!
こちらも粘ってグッドサイズのクロソイキャッチ!
やったね!
佐藤氏の日本海初挑戦を出迎えてくれた良型ヒラメ
60センチ・肉厚が凄い魚体でした!
大塚氏
粘って良型マダイをゲット!
やはりマダイはカブラでした。
本間氏
この夏、仙台湾で初ジギング・・・そして今回2回目で初ヒラマサゲット!
船酔いに耐えながら粘りの1匹でした!
今回はビギナーさん中心のライトジギング&タイラバ釣行会を庄内沖で開催した。
10名参加で出船。
天気予報ではベタ凪、快晴だったが曇り空で北風が強く肌寒い1日となってしまい、
初心者の方には厳しい釣りとなってしまった。
そして、潮が全く流れない1日。
ジギング、カブラ、インチク・・・アタリの数も総体的に少なかった。
私は早い時間帯に良型の魚を1匹掛けたが姿を見る前に針外れ。
その後は一度もアタリが来なかった。

船中ではヒラマサが2本、マダイ、ヒラメ、マハタ、キジハタ、クロソイが釣れた。

白波が立ってナブラは見えなかったが鳥は彼方此方で刺しており雰囲気的には
マグロ、ブリなど大物の気配も感じた。
またメーターシイラのバラシやサメに奪われるシーンもあったりとまだまだ海は夏の気配。
これから水温が徐々に下降し始めるとジギングが面白くなってくることだろう。

釣果こそ少なかったが、初めての光景や初めて釣る魚に大興奮の方もいらっしゃって
それなりに有意義な釣行に成ったと思う。

日本海、秋のジギングシーズンはいよいよこれからが本番だ!
喰い渋りに苦戦
2008 10月上旬 山形県庄内沖