今年も能代は熱いです!!!
ジギング大好き・今泉氏
良型の引きを堪能しご満悦!!
超綺麗なマダイ
マグロが駄目でもコイツが元気!
真夏の能代は鯛もイイ☆
水温も上がりワラサの引きも良くなってきた!
古内氏は初マダイゲット!
おめでとう!!
良型マダイのダブルヒット!
私も久々に興奮しました!
PE0.8号リーダーフロロ4号のマダイタックルに掛かってきた
18キロのイシナギ
今回も能代へマグロ狙いに行ってきました。
久々にマグロらしき魚影も確認出来ましたが勝負させてもらえず
ジギングやカブラ、インチク釣りをすることに・・・

朝のうちはそれらへの反応も悪く、数時間は沈黙が続く。
それでもめげずに数時間経過。
大塚氏が口火を切るマダイ(50cm)を釣る。
ほぼ同時ヒットで私も56センチのマダイをキャッチ!
その後も船中でマダイのアタリが続く。
そして私を含め3人が同時ヒット!私はインチク、2人はカブラ。
カブラの2人は明らかにマダイだが、私のは全く違う引き!
というかタイカブラ用のロッドではとても耐えられないような引きに襲われる。
瞬間にイシナギか・・・?と頭によぎった。
重さの感じでは10キロなんてもんじゃなくとにかくロッド、ライン、フック全ての限界を
一気に体感しながらのやり取り。
とにかく慎重に・・・
かつ根に持っていかれないよう寄せるときは多少強引にでもラインを巻く。
と言ってもPE0.8号にショックリーダー・フロロカーボン4号、
フックもエサ釣り用の細軸フックなので必要以上に無理は出来ない・・・。
後方で二人がやり取りしていることもあり簡単に船のフォローも入れてはもらえず
風と潮に流されて、根から離すどころか逆に出されている感じが続く。
とにかく巻ける時は巻き魚にプレッシャーを与えながら
根から離すまでに5、6分かかっただろうか・・・?
根から切ってからは無理せずリフト。
透明度が高かったので残り20m位から姿が見えた。
一瞬、船長と二人で姿を見てマダイ?と思ったが、そんな訳は無い・・・
見直すとやはりイシナギ!
早速計ると、体重18キロ。
イシナギとしてはまだまだ子供だろうが、
当日のタックルで捕れる魚としては最大級クラス!
自画自賛だが、久々に嬉しい魚を釣った。

この後もワラサ、マダイを追加。
最後の1投で私と今泉氏がダブルヒットで70cm近い良型マダイをキャッチ!
結局全体(4人)で、イシナギ18キロ、マダイ50〜70cm10匹、ワラサ2匹、
他ハナダイ、ソイ交じり。
マグロが駄目でも何かが起こる・・・
能代の海のポテンシャルの高さを改めて感じさせられた1日であった。

今回はマグロも確認。
海の状況も良く、他地域でもマグロは上がり出してきたし、
能代沖もいよいよではなかろうか・・・
本格シーズン到来!
私も頑張ります!!
巨大ロックフィッシュ登場!
2008 7月上旬 秋田県能代沖