今回持ち込んだタックル
今回の参加メンバー
皆さんお疲れ様でした!
苦労して喰わせた狙いの魚・・・
勝ちある1匹である。
小型だが一度だけ5人同時ヒット!
時合い到来か!?と思ったのだが・・・
今回初参戦の佐々木氏も食い渋りのカンパチをキャッチ!
アカハタは結構釣れた!
地元でも人気の高級魚だ。
芝崎氏は朝イチでキハダゲット!
美味しく僕らの胃袋に収まりました☆
妙な暴れ方をしてくれたのは良型シマアジ!
ジグに食ってくるシマアジはデカイ!!
佐藤氏が釣ったオオモンハタ
喰いの渋い中、口を使わせるのに手こずった。
小笠原サイズには程遠いがやはりカンパチの引きは最高だ!
2年振りに小笠原諸島へ行ってきました。
参加者は私も含めて5名。
今回は台風3号と4号の合間を縫っての釣行となってしまい、
予定していた船中泊は中止。
1日だけの釣りとなりました。
悪天候といっても風が強いだけで天気は比較的良く、
観光や海水浴を楽しむには問題なかった。

1日だけの釣行・・・
滞在中、1日だけは風も無くベタ凪ぎの中、釣りをすることが出来た。
しかしこの日は全くと言っていい程潮が動かず、朝一番と終了間際の
ちょっとの時間、幾分流れたときにのみ口を使ってくれただけだった。
私が2〜6キロクラスのカンパチ5本に良型シマアジ1本。
トータルでは5人でカンパチ11本。
その他、キハダ、アカハタ、オオモンハタ、カワハギ等が釣れた程度に終わる。
とりあえず、1日出来たことは救い。
昼食も取らずに全員シャクリまくりの1日であった。

目指したサイズは出なかったが、
いつ大物が来るか分からない・・・といった期待感!
その中で集中して釣りが出来るフィールド!それが小笠原である!!
夢のフィールドで全員が無我夢中・・・
普段使わないヘビージグを軽々とジャーク!(不思議なものである・・・)
個人的にもこの1日で試そうと思ったことも結構できた。
多分それはまた次回に活かせると思う。
僕的には満足!
しかし食わないだけに頭を痛める船長。
気が付けば父島を一周してくれていた。
船長の冨田君、スタッフのノブチャンの気遣いが、より強く感じた1日。
短時間に充実感が得られたのもスタッフの方々のおかげであることは勿論だ。
本当にポコフィッシングスタジオの皆さんには毎回感謝しております!
メンバー全員が思う存分にジギングができた1日であった。

余談ですが、今回はホント毎日よく食べよく飲みました!
僕らの胃袋の方も毎日満タン!!全員太っ腹で帰って来ました・・・(^_^;)
やっぱり遠征は楽しいですね☆
また次回が楽しみです!!

さあ!次はそろそろマグロの準備ですぞっ!!!
やる気満々でしたが・・・
2008 5月中旬 小笠原諸島 ジギング