前回は良型が揃ったのだが、当日はこのサイズが多かった。
このサイズは鯛飯に最高!
船酔いに耐えて粘りの1匹!
新作ロッド(注:個人的趣味・思考で作ったのでちょっとマニアックな竿です。)
ワラサとのやり取りシーン
繊細さを追求した分、バッドパワーに不安があった。
テストロッドで大鯛を上げた方もいたので大丈夫だとは思っていたが
この日自ら、ワラサ・良型マダイを掛けとりあえずは実戦でOKを確認できた。
永野氏もワラサキャッチ!
私もオリジナルロッド+PE0.8号タックルでキャスト!
かなり楽しめました!
武内氏
ナブラ打ちでワラサを3連チャンゲット!
1匹目が上がってから2時間程の沈黙・・・
そしてようやく斉藤氏に2枚目。
この直後あちらこちらにワラサのボイルが出現!
食い渋りを感じる中で、小さなアタリをキャッチ!
朝の第1号は私に来た65センチ。
今回もマダイを中心とした釣行。
私も含め10名で出船。
ワラサのジギングタックルも必要な時期だが、新作マダイロッドのテストがあったので
私はマダイ一本に絞った準備で乗船。
朝一は約1時間半程、誰一人としてアタリすら無く重苦しい雰囲気・・・
風も冷たく、大釣りした前回とはチョット勝手が違う。

そんな中、私のロッドに小さなアタリ。
上手くフッキングが入ったようで思いっきりラインが引き出される。
「アタリは鯛っぽかったけど良く走る!ワラサかな?」と思ってのやり取り。
上がってきたのは、65センチの綺麗な魚体・・・
とても肥えていて良く引いたマダイであった。

そこから更に2時間程経ってようやく船中2枚目のマダイが上がった頃、
海上ではあちらこちらでワラサのナブラが沸き始める。
当然ナブラ打ち開始!
ジギングロッド持参の武内氏は快調にワラサ3本ゲット!
永野氏もジギングタックルで1本。


新作ロッド
私はというと、持参した新作マダイロッドのバッドパワーをテストするには良い機会と思い、
そのままPE0.8号リーダーフロロ3号を組んだマダイタックルでキャスト。
1匹ヒットさせランディングしたのだが、ほぼイメージ通りに仕上がった模様。
「超繊細なティップとそれに相反する強いバッドパワー」をメーカー側にお願いしてたのだが
出来栄えはいい感じである!!
3キロクラスのワラサに対し、ラインが細いので掛けてから無理は出来ない。
当然ドラグセッティングは緩く、最初に相当ラインが出される。
しかし、その後の寄せは意外と楽チン!
直後にも大型のマダイをかけて水面まで浮かしたがタモ入れを待っている間にフックアウト!
その際にも、やり取りは実に余裕であった。
思いっきり宣伝になってしまいましたが、今月より仙台店のみで販売しております。
どちらかというと陸奥湾のマダイ向きに作ったロッドです。
興味のある方はご来店下さいませ!


結局、その後もナブラは続いたのだが、船中ワラサ5本程キャッチしたところで、
僚船からマダイが喰い出したと連絡が入ったようでポイントを移動。
しかし、思ったように釣果は伸びず、皆で粘って小型(30〜40cmクラス)ながら5枚を追加。
私も最後に40センチクラスを1匹追加。
船でのトータルマダイ7枚、ワラサ5本、イナダ多数、沖メバル、マゾイ各数匹。
ワラサは専門に狙ったわけではなく5匹に終わったが、おびただしい数がボイルしていた。
ワラサジギングも期待大である!

水温も徐々に上昇しているようでこれからが益々楽しみである。
ワラサ大群・マダイはポツポツ
2008 4月上旬 庄内沖のマダイ・ワラサ