日が昇ると北西風が強烈になってきた。
道路の風速計で14mを指していた。
ポイントは陸から近いが水深は70m前後と深い。
海岸線ぎりぎりまで迫った山・・・
その感じで海底も落ちていってるのだろう
芝崎氏
マダイは釣れなかったが最後ミズガレイで〆てくれた。
底から数m巻いたところでミズガレイ(ムシガレイ)が食ってきた!
獰猛なカレイでフィッシュイーターだ!
助川氏の2匹目
私の2匹目
庄子氏と斉藤氏のダブルヒット!
助川氏の1匹目
59.5センチ
斉藤氏の1匹目
強烈に引いた61センチ!
日の出と同時にスタートフィッシング!
斉藤氏のヒットシーン
潮流が早く船がドンドン流されやり取りはその分強烈になる!
私の1匹目
当日の最大魚63.5センチ
今回は青森県竜飛半島・ちょうど津軽海峡から陸奥湾への入り口付近に位置する平舘にマダイを狙って行ってきた。
私を含めて5人での釣行。
朝4時出船。
予報通り西〜北西の風が強い。
後半にかけては更に強まるとのこと。
早上がりは予想されるが、今回は最初から朝マズメに狙いをつけての釣行。
気を引き締めて第1投の準備へと取りかかった。

ポイントまでは港から5〜6分と近い。
船長の話だと先週までは結構釣れていたようだが、群れが移動してしまったのか?だいぶ魚探に移る反応は薄く、一昨日出た時は全体で3枚、前日出た僚船は坊主だったとのこと。
ちょっとマイナスな話ではあるが、とにかく数はいらないので1匹釣ることに集中!ワンチャンスを逃がさないようにだけ注意した。
開始早々朝日が眩しい中、斉藤氏に強烈なアタリ!
上がって来たのは61センチの本命!綺麗なマダイだ!!
私にもヒット!!と思ったら37センチ・良型ミズガレイ(ムシガレイ)。
斉藤氏が底から5〜10m巻いたところで当ってきたとのことだったので底からゆっくり巻き上げていたところ当ってきた!
気を取り直して再投入!
最初に助川氏にアタリ!59.5センチの本命!
すかさず私にもヒット!潮に船が流され強烈に引く!!
上がって来たのは当日最大の63.5センチのマダイ。
その後、ちょっと間隔を空けて斉藤氏、庄子氏にダブルヒット!
そして、私と助川氏も共に2枚目キャッチ!
最後に、マダイは釣れなかったが芝崎氏も良型ミズガレイをキャッチした。
午前10時。いよいよ風が強まり船が立てられず撤収。
マダイは合計7枚。
一緒に上がった他船では、最高で3枚。ゼロや1枚という船もあり、そういう中では上等な釣果であったと思う。
これからはいよいよ陸奥湾内のシーズンが本格化する。
また、来月も行ってみようと思っている。
今季初の青森釣行
2007 5月中旬 青森県平舘沖のマダイ釣り